• ホーム
  • アフターピルを男性が飲んだらどうなるか

アフターピルを男性が飲んだらどうなるか

性行為後に避妊をしていなかったり、避妊を失敗してしまった時になどに活躍するのがアフターピルですが、これは女性に向けて作られています。
それなので、男性がアフターピルを服用することは当然想定されておらず、もし男性がアフターピルを飲んだら、様々な想定しない症状が起こります。
ではどのような症状が起こるのでしょうか。

アフターピルは女性へ緊急的に避妊を行う為に、女性の体へ働きかける大量の女性ホルモンが含まれています。
ですので、こうした女性ホルモンを摂取した時と同じような症状が起こります。
代表的なものは、貧血や吐き気といった症状が起こりますが、一番気を付けなければならないのは、性機能の低下です。
軽いものでは単純な性機能の低下で済む場合もありますが、長い間飲み続けると無精子症のような男性の不妊症状となってしまう可能性が高いです。
飲み続けることをしなければ大丈夫というわけではなく、人によっては、少量でもこうした症状になるのでなるべく服用しないようにしましょう。

他には、肌が白くなることや、体毛が薄くなったり、頭髪が細くつやがでるなど、全体的に女性的な特徴が体のあちこちへ出始めます。
これは一般的に女性ホルモンで得られるもので、女性化を求める男性にとってはメリットとなることです。
しかし、こうした目的ならば、アフターピルから女性ホルモンを摂取するのは効率が悪いので、きちんと目的を明示した上で、医師から専門の薬を処方してもらうのが正しい判断です。
アフターピル後に飲む低用量のピルは女性ホルモンの成分が少量とはいえ、男性が飲んだら、上記のような症状が当然に起こります。
低用量ピルという名称で安心して軽々しく摂取しないようにしましょう。
こうした、様々な危険な症状があるため、男性が一人で産婦人科等の医療機関を訪れてもアフターピルは通常処方されません。
必要な場合は男性だけではなく、女性も同行して医療機関へ訪問しましょう。

低用量ピルを男性が飲み続けると胸が膨らむのはなぜ?

低用量ピルはアフターピルの後に継続して飲むものですが、こちらにも女性ホルモンが含まれており、男性が飲み続けると胸が膨らむといったことを筆頭に、体毛の減少、肌が白くなる、体が丸みを帯びるなどの女性化の特徴が体にでます。
低用量と名前がついてますが、低用量ピルにはかなりの女性ホルモンが含まれていますので、前述する症状はかなりはっきりとでますので名前で侮らないようにしましょう。

こうした女性ホルモンの摂取による症状は、貧血、めまい、吐き気といったものから、不妊を伴う男性機能の低下とセットになっています。
ピルを飲むことで男性の胸が膨らむのは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの一部が作用するからです。
これは当然女性にも作用するので、女性のなかでも美容のためにこうした成分を摂取する人もいますが、女性にとってこれは体内で普段から多量に作られているものなので、改めて外部から摂取しても大きな問題にはなりづらいですが、男性は普段から多量に作られているわけでないので女性と同じように摂取するのは危険です。
胸が膨らむといった症状は、ピルにより女性でもむくみなどと一緒に起こる場合があるからといって、男性が飲んだ時に、同じような症状が起こったのを軽く見てしまってはいけません。

低用量ピルはアフターピルに比べ、数が多く処方されることもあり、女性がすべてを摂取せずに余らせてしまうこともあります。
処方された分量だけを使いきるのが理想ですが、もし余らせてしまった場合には、しっかり管理して誤飲や軽い気持ちでの摂取を手助けしないようにする必要があります。
アフターピルも低用量ピルも適切に使えばよい結果が得られるものである為、取り扱いはしっかり注意するように心がけましょう。